相続人同士が利益相反関係に立っている場合

事例2.png

(状況)

・遺産分割未了のまま、相続人の一人であった奥さんが亡くなり、そのご主人とその長男が遺産分割協議に参加することとなった。しかし、ご主人は認知症により成年被後見人となっており、その後見人に長男が就任していた。

(提案)

・成年被後見人と後見人が共同相続人となる場合、利益相反行為となるため、後見人が代わって遺産分割協議を行うことはできず、別途、特別代理人を選任する必要があることを説明。

(解決策)

・被後見人であるご主人の弟さんに特別代理人となって頂くことで話がまとまり、家裁への選任申立てを経て、無事、遺産分割協議を行うことができた。
 
ほかの事例も以下からご覧いただくことができます。

詳しくは、各項目をクリックしてください。


詳しくは、下のボタンをクリックしてご覧ください。
 
M1.png 相続人同士が利益相反関係に立っている場合 F1.png
 
M4.png
 
F4.png
 
M2.png
 
F2.png
 
M3.png
 
F3.png
 
 
M1.png
 
F1.png
 
M4.png
 
F4.png
 
M2.png
 
F2.png
相続人の一人が特別受益者であったケース M3.png  
 




当事務所に関する詳しい情報はこちら


soudan.jpg  1 )HOME
 2)当事務所のご案内
 3)事務所が選ばれる理由
 4)料金表
 5)相談から解決まで
 6)地図
 7)相続への思い
 お客様の声


 

ご相談はいつでも初回無料でご対応させていただきます!

相続・遺言の相談は、世田谷あんしん相続・遺言相談センターまでご相談ください。
皆さまひとりひとりにあった相続の形を専門家がトータルサポートいたします。

初回無料相談を行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

ImgTop8_1.jpg

遺言・相続に関する 遺言・相続に関する 0120-143-222ナイター.pngお気に入りに登録相続が発生したら 相続手続きはこちら相続トラブルを防ぐ 相続対策はこちら不動産登記・債務整理のご相談なら事務所スタッフによる事務所ブログ

事務所概要

あおば司法書士行政書士事務所

東京都渋谷区道玄坂一丁目17番9号 ヴェラハイツ道玄坂703号室

0120-143-222

アクセスはこちら

CONTENTS MENU