• HOME
  • こんなときどうする?不動産登記編

こんなときどうする?(不動産登記編)


相続財産のうち、半分は不動産(土地・建物)だと言われています。
 
この不動産についても決められた相続の手続き方法があります。

これをいい加減にしてしまうと、様々な問題を引き起こしてしまいかねません。

ここでは、主に相続不動産に関する身近な疑問にQ&A方式で専門家がお答えいたします。

皆様の中にも、あてはまる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか!?

バナー相続登記?.png バナー 不動産処分.png バナー遺産分割.png
No1 相続登記 No2 不動産の処分 No3 遺産分割
母が亡くなったので、
売却しようと思っておりますが、
相続登記は必要ですか?
亡くなった父名義の土地建物を
売却したいんですが、
どうすれば良いですか?
ひとつの土地を兄弟で分割して
相続したい
のですが、どうすれば良いですか?

バナー認知症.png バナー相続税対策.png バナー名義.png
No4 認知症と土地 No5 相続税対策 No6 相続問題
認知症の親のために、
実家を売却
してその代金で施設に入所してもらおうと思っています。
不動産がたくさんあって、
相続税が納められない
自宅が数十年前に亡くなった
父名義ですが、他の相続人に
何か権利を主張されませんか?

バナー贈与.png バナー未登記.png バナー評価.png
No7 贈与 No8 未登記建物 No9 不動産評価
父の名義の土地に、建物を新築することになりました。
この土地を生前贈与してもらいたい。税金は?
自宅の建物を相続する予定だったけど、未登記と言われました。どうすればよいですか? 相続する土地の評価方法はどうすれば良いですか?




当事務所に関する詳しい情報はこちら


soudan.jpg  1 )HOME
 2)当事務所のご案内
 3)事務所が選ばれる理由
 4)料金表
 5)相談から解決まで
 6)地図
 7)相続への思い
 お客様の声


 

ご相談はいつでも初回無料でご対応させていただきます!

相続・遺言の相談は、世田谷あんしん相続・遺言相談センターまでご相談ください。
皆さまひとりひとりにあった相続の形を専門家がトータルサポートいたします。

初回無料相談を行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

ImgTop8_1.jpg