こんなときどうする?不動産登記編

No1 相続登記


バナー相続登記?.pngのサムネール画像のサムネール画像
母が亡くなったので、売却しようと思っておりますが、
相続登記は必要ですか?

専門家からのアドバイス

結論から言うと、相続登記手続きは必要です。

 
不動産の売却をする際、名義人の方が亡くなったままでは手続きできませんので、
相続登記が必要になります。相続手続きの手順は以下の通りです。
 

1 戸籍収集

亡くなった方(この場合はお母様)の出生~死亡までの戸籍謄本、住民票の除票
相続人全員(この場合は父、自分、妹)の戸籍抄本 収集

2 固定資産税評価証明書を請求

市町村役場に固定資産税評価証明書 請求。

3 遺産分割協議書を作成

相続人全員での話し合い(遺産分割協議)を行い、相続人全員の署名・押印(実印)・印鑑証明書添付した、遺産分割協議書の作成。

4 登記申請

その他、必要書類を添付して、管轄する法務局に登記申請。


 
以上となりますが、
戸籍や相続人の方の状況によって、別途書類や手続きが必要になる場合がございます。
 



当事務所に関する詳しい情報はこちら


soudan.jpg  1 )HOME
 2)当事務所のご案内
 3)事務所が選ばれる理由
 4)料金表
 5)相談から解決まで
 6)地図
 7)相続への思い
 お客様の声


 

ご相談はいつでも初回無料でご対応させていただきます!

相続・遺言の相談は、世田谷あんしん相続・遺言相談センターまでご相談ください。
皆さまひとりひとりにあった相続の形を専門家がトータルサポートいたします。

初回無料相談を行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

ImgTop8_1.jpg