こんなときどうする?不動産登記編

No4 認知症と土地


バナー認知症.pngのサムネール画像
認知症の親のために、実家を売却して
その代金で施設に入所してもらおうと思っています。

専門家からのアドバイス

手続きの流れは以下の通りとなります。
 
 

1 後見申立

家庭裁判所に対して後見申立を行い、どなたかが親御さんの後見人になります。

2 家庭裁判所の許可をもらう

自宅を売却する場合には、家庭裁判所の許可をもらいます。

3 買い手の募集

不動産業者に依頼して買主を探してもらいます。
※手続きは不動産業者が行います。

4 売買契約の締結

無事、買い手がみつかれば、後見人が契約を結びます。

5 所有権移転登記 

名義人→買い手への名義変更(所有権移転登記)と同時に、売買代金の受け取りとなります。
※所有権移転登記の手続きは司法書士が行います。

6 譲渡所得税の申告

利益が出た場合には、譲渡所得税の申告が必要になります。

 



当事務所に関する詳しい情報はこちら


soudan.jpg  1 )HOME
 2)当事務所のご案内
 3)事務所が選ばれる理由
 4)料金表
 5)相談から解決まで
 6)地図
 7)相続への思い
 お客様の声


 

ご相談はいつでも初回無料でご対応させていただきます!

相続・遺言の相談は、世田谷あんしん相続・遺言相談センターまでご相談ください。
皆さまひとりひとりにあった相続の形を専門家がトータルサポートいたします。

初回無料相談を行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

ImgTop8_1.jpg