こんなときどうする?不動産登記編

No6 相続問題


バナー名義.pngのサムネール画像
自宅が数十年前に亡くなった父名義ですが、

他の相続人に何か権利を主張されませんか?

専門家からのアドバイス


亡くなった方名義の不動産は、相続人全員が一緒に持っていることになっています
(→これを「共有」といいます。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相続人全員での話し合い(遺産分割協議)をしていないと、この共有状態が永久に続きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親の財産を子供同士で話し合うことは比較的簡単ですが、
孫やひ孫の代になってくると話がまとまらず、大きなトラブルになることがあります。
話がまとまっても、戸籍を集めるのがオックウで損をする気分になるかもしれません。
 



当事務所に関する詳しい情報はこちら


soudan.jpg  1 )HOME
 2)当事務所のご案内
 3)事務所が選ばれる理由
 4)料金表
 5)相談から解決まで
 6)地図
 7)相続への思い
 お客様の声


 

ご相談はいつでも初回無料でご対応させていただきます!

相続・遺言の相談は、世田谷あんしん相続・遺言相談センターまでご相談ください。
皆さまひとりひとりにあった相続の形を専門家がトータルサポートいたします。

初回無料相談を行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

ImgTop8_1.jpg