こんなときどうする?不動産登記編

No7 贈与


バナー贈与.pngのサムネール画像
父の名義の土地に、建物を新築することになりました。

この土地を生前贈与してもらいたい。

税金は?

専門家からのアドバイス

生前贈与の前に・・・

 

生前贈与をしてもらうと、不動産取得税と贈与税が課税されます

 
今回の土地の名義を変えずにお父様が亡くなられますと、名義変更する際には相続人全員
(今回はお母様とお姉さま)の同意が必要となります。

そのまま同意をもらえれば問題はありませんが、お姉さまが法定相続分を支払って欲しいと
主張してきた場合には、多額なハンコ代が必要になる場合もあります。
 
このような揉め事を防ぐ為に生前贈与を選ばれる方もいらっしゃいますが、生前贈与してもらうと
不動産取得税
高額な贈与税が課税されます。

相続時精算課税制度といった特例もありますが、お勧めするのは遺言書です。
 
 

遺言書がお勧めです

お父様に、「今回の土地をあなた(息子)に相続させる」旨の遺言書を遺してもらいます。

遺言書で相続させる場合には、贈与よりも登録免許税が安く(5分の1)、
その他の預貯金も記載しておけば、遺産分割で揉める可能性が下がります

「遺言書を書くほど財産が無い」と仰られる方も多いですが、不動産や預貯金がある時点で
財産(遺産)ですので、一度ご検討されてはいかがでしょうか?
 



当事務所に関する詳しい情報はこちら


soudan.jpg  1 )HOME
 2)当事務所のご案内
 3)事務所が選ばれる理由
 4)料金表
 5)相談から解決まで
 6)地図
 7)相続への思い
 お客様の声


 

ご相談はいつでも初回無料でご対応させていただきます!

相続・遺言の相談は、世田谷あんしん相続・遺言相談センターまでご相談ください。
皆さまひとりひとりにあった相続の形を専門家がトータルサポートいたします。

初回無料相談を行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

ImgTop8_1.jpg