• HOME
  • 相続時の不動産問題

相続時の不動産問題

 
相続時における不動産問題は手続き、評価から境界の問題まで様々なものが発生します。
ここでは、それらの問題に加えて、上手な売却方法などについて解説していきます。
 
 

相続不動産の手続き


土地や家を相続した場合、名義を変更します。
これを相続登記といいますが、相続登記をしなくても処罰の対象にはなりません。
しかし、売却して換金したり、次の相続の争いの種になるといった、
相続登記をしない場合、トラブルの元となることが頻繁に起こります。

相続登記については、こちらをご覧ください。


相続登記が必要な理由

相続登記の手続きについて


相続不動産の評価方法

相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です。
通常、相続税については税理士が算定する場合が多いですが、なかには、相続税申告に慣れていない税理士もいて、不動産の評価が適正ではないこともあるのです。
 
相続財産に不動産が多く含まれていたり、高額な不動産が含まれる場合には、相続税に精通した税理士に相談されることをお勧めいたします。
 
>>詳しくは、相続不動産の評価方法をご覧ください。
 

相続不動産の評価を下げる方法

相続税対策として、相続不動産の評価を減らすことは大きな節税効果があります。
 
>>詳しくは、相続不動産の評価を減らす方法をご覧ください。
 

相続不動産の境界問題

相続する土地について、隣地との境界でトラブルに発展するケースもあります。
境界問題の専門家である“土地家屋調査士”に調査を依頼しましょう。
 
>>詳しくは、相続不動産の境界問題をご覧ください。
 

相続不動産の売却

相続した不動産を売却するなんて!と思われた方もいらっしゃるかと思います。
しかし、実は相続した後は、不動産売却のチャンスです。気になる方はご検討されてはいかがと思います。
 
>>詳しくは、相続不動産を上手に売却ご覧ください。



当事務所に関する詳しい情報はこちら


soudan.jpg  1 )HOME
 2)当事務所のご案内
 3)事務所が選ばれる理由
 4)料金表
 5)相談から解決まで
 6)地図
 7)相続への思い
 お客様の声


 

ご相談はいつでも初回無料でご対応させていただきます!

相続・遺言の相談は、世田谷あんしん相続・遺言相談センターまでご相談ください。
皆さまひとりひとりにあった相続の形を専門家がトータルサポートいたします。

初回無料相談を行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

ImgTop8_1.jpg